妻は車椅子ユーザー

こんにちは!アキフミといいます。 僕は某介護施設で働く介護支援専門員。妻は車椅子ユーザー。 妻と旅行する際に、ホテルやレストランなど、わかりやすいバリアフリー情報が少ないと感じていました。妻から「アキフミが情報を発信すればいいじゃん」と言われましたのが、このblogを作ったきっかけです。色々と情報提供できればと思います(^^)/

今回も初めて難波大阪にやってまいりました。泊まったのはここです。


議論の的になっているgo to hell Σ(゚д゚;) ではなくgo to トラベルキャンペーンを利用してきましたよー。このホテル、いきなり結論から言うと、かなり素晴らしいホテルでした。詳細を明らかにしていきましょう。

IMG_4653

入り口は押戸でしたね。ここが開き戸ならいいのですが、、、
でも入って驚かされたのが、とにかく広い。
車椅子ユーザーは幅が必要なので、広いとそれだけで有り難い。そしていろんな配慮が効いていました。


IMG_4654
IMG_4658

IMG_4657

トイレと風呂の入り口は開き戸でしたねー。有り難いです。
でも僕もアーヤもこの中を見たときに驚愕しました。オオーw(*゚o゚*)w


この設備が素晴らしいのは、風呂とトイレが一緒になっているユニットバスでは無く、風呂とトイレが分かれていることでした。

IMG_4655

picture (2)


見て分かって貰えるのか不安ですが、トイレと一体型じゃないため、シャワーチェアーに座って体や髪を洗えるのが大きいアドバンテージです。今までのユニットバスでは、湯船に入って、体を洗って後でお湯を入れていました。



IMG_4661


IMG_4659

IMG_4660

その他はとにかく広い。go to キャンペーンを使ったせいもあるけど、それでいて高価な宿泊料を取るわけでは無いのが素晴らしいです。追加のタオルだけじゃなく、ワイングラスやオープナーまで貸して頂きありがとうございます。12時までチェックアウト延長も無料でした。素晴しいホスピタリティに感激したアーヤは「ここが一番いいホテルだよ」と感心していました(^_^)ニコニコ

ただ残念なのは12/6(2020年)から一時休業するとのこと。いいホテルなのに、、、
リニューアルオープンを楽しみにしましょう

IMG_4664
IMG_4665

他にも同じ敷地内にコンビニ、レストランが揃っていますよー。
おいしい料理頂きました。('▽'*)ニパッ♪

今回は初めての姫路市にやって来ました。
今回も入り口は開き戸ですねー。だが、問題は扉じゃなかった。何だと思います?Σ(゚д゚;)

image



image

開き戸を開ける場合、僕たちはどうするかというと
①アキフミが扉を開けて、奥で扉を支える
②アーヤが自分で車椅子を押して入ってくる

の手順を踏みます。

しかし、今回僕は①でしばらく、固まりました。
アーヤが何かあったのか心配しましたが、それは
煙草の臭いが凄まじかったからです。

今時、室内喫煙オッケーの宿泊設備があるのか!?と言いたい今日この頃
正確には2020年4月から健康増進法が改正されて、室内喫煙は原則禁止になりました。
しかし、例外として客室内は、施設側が容認するなら喫煙可能です。しかし、いくら何でも、煙草の臭い酷すぎる。喫煙可能は仕方ないけど、臭いはある程度処理して欲しい。今回予約時に、喫煙可能な部屋であることの説明は無かったです。電話予約しか出来ないのに。

image

狭いから仕方が無いのかもしれないですが、ユニットバスも開き戸です。しかも1cmの段差があります。アーヤは一人では乗り越えられないです


image


浴槽はちょっと手すりの位置が無いのが一見困りものですが、シンクを代わりに使えば立ち上がれます。浴槽は縁が広く、座りやすいです。(′∀`)


image

それとこれは致命的なんですが、トイレを使用したときに、開き戸なので閉めることが出来なかったです。排泄時に扉を閉めなければ、介護施設では性的虐待になります(排泄の様子を他人に見られるようにしていること自体が許されない)。このホテルはこれを是とするのかな?

image
image

ベッドや他の設備は問題なかったです。狭いこと以外は。角部屋なのはいいけど、部屋の形が歪で狭い。本当に。
ホテルウイングインターナショナルは以前 を利用しましたが、その時の素晴らしい印象が残っていて、こんなに裏切られるとは思いませんでした。
「このホテル、古いね。以前は違う会社だったのかもね」とアーヤの弁。

食事はどっかのホテルと違い、全く待たされることはありませんでした。
それだけに惜しい。
立地が素晴らしく、ホテルの屋上から姫路城の景色を見ることが出来ます。ただテラスに出る時に段差が、、、

image

【このホテルのメリット】
・市街地から近く、駅からも遠くない。近所に姫路城などあり。
・駐車場が無料。ただし、障害者用はない。
【このホテルのデメリット】
・余りにも臭う部屋
・オンラインから予約不可
・部屋の構造が❌なところ


あと、好古園にも行きましたが、バリアフリー通路が出来ていて素晴らしい景観でした👏

image
image
image



今回は京都嵐山にある美術館、福田美術館を取り上げます。
image
玄関ですがいきなり階段‪( ; д ; )‬登れないことないけど、公共施設がこれでいいのかな?
僕達がアタフタしていると、周りの親切な方々が係員を呼んでくれました( ´ ▽ ` )ノありがとうございますm(._.)m

僕達は目立たない奥に案内され、門を係員が開けて、スロープを通されました。しかも空いた溝の中に蓋を若い女性係員が取り出して埋めていました。

ここ写真取れば良かったんですが、少し疑問を感じました。
バリアフリー、ユニバーサルというのは誰でも使える、障害がないという意味です。それは当たり前だけど、第三者を呼ばなくていいことも含みます。スロープに続く門を開けるのに人を呼ぶのは手間もかかるし、呼ばれた方も仕事が増えるだけです。当たり前だけど、障害を持つ人たちは出来ることなら、第三者を煩わせることを望みません。
アーヤ「外観を大事にしたいんじゃないの?」と言っていましたが、どうなんでしょうかねー?

ただ障害者割引半額で見ることができるのはありがたいですねー( ´ ▽ ` )ノあんまり文句言わんようにしよ(笑)

トイレの設備は撮ってないんですね。ごめんなさい🙏
ただアーヤは問題なく使えたようです。全般的には土地柄か、仕方ないのか施設が狭い印象を受けました。

ここは一部を除いて、なんと作品の写真撮影可能でした。

image
image
image


作品の収まっている区分毎に自動ドアがあります。普通の公共美術館と違い、真っ黒な部屋に浮かぶ水墨画が美しく映えます。


どうやって現地に行くかですが、車で行くのはやめた方が良いです
今年の4月ぐらいと訳が違い、人が多すぎです。車で行くと、人を弾きかねないです。
車椅子ユーザーにオススメは嵐電です( ´ ▽ ` )ノ
image

image
小さい駅からだと車椅子から乗れないので、大きな駅、帷子ノ辻、嵐山、大宮、などから乗れば問題なく移動できます。是非お勧めです。

↑このページのトップヘ